こんにちは、たかぼーPです。
初音ミクV3発売を記念して久々にカバー曲を作ってみました。
お聞き苦しい点は多々あるかと思いますがヘッドフォン等で大音量でお聞きください。

▼ニコニコ

▼YouTube

音 : たかぼーP (https://twitter.com/takabosoft)
イラスト : endlesscat様(http://piapro.jp/endlesscat)よりお借りいたしました。
動画 : aknk様 (https://twitter.com/aknk) にご協力いただきました。
原曲 : http://www.youtube.com/watch?v=IxxstCcJlsc

Zeddとの出会い

私がZeddの楽曲を初めて聴いたのは、SoundCloud(音楽を共有するSNSっぽいサービス)を適当に使い始めた頃でした。ある日ログインすると、画面にZeddのSpectrumという曲がピックアップされて表示され、ものすごい数のコメントが付いていました。早速聴いてみると、中性的な歌声を持つボーカリスト(Matthew Koma)が格好良いメロディで歌い始め、イントロの数秒ですぐに虜となってしまいました(笑)。

Zedd – Spectrum (feat. Matthew Koma) [Extended Mix]

その後、Zeddという人物について調べたのですが、ざっくり言って
「ドイツ育ちの人気若手EDMプロデューサ兼DJ(※しかもイケメン)」
という事が判りました(やや偏見が入っています)。

EDMは昨今音楽雑誌でもちょいちょい目にすることがありますが、”Electronic Dance Music”の略で、
エレクトリックなダンスミュージックの総称のようです(なんか最近は定義が曖昧になっている気がしますが)。

彼はいろんな曲をリミックスしており、日本でもファンの多い「ゼルダの伝説」のリミックスも作っています。

Zedd – The Legend Of Zelda (Original Mix)

「どうだまいったか!」と言わんばかりのリミックスですね。
凄いです。まいりましたm(_ _)m

Clarity

さて、そんなZeddですが1stアルバム「クラリティ」が発売しています。
(※残念ながらゼルダは未収録、SpectrumもExtendedではなく通常版のみ。)

アルバムのタイトルにもなっている”Clarity”はFoxesが歌う曲で、あまりEDMっぽさは有りませんが、旋律と歌声が素晴らしく、私のお気に入りの1曲です。

その魅力さゆえか、YouTube等でもカバーをされている動画がたくさんあります。
せっかくなのでいくつかご紹介。

先日のブログでもご紹介した「全部俺の声」の人。

アコギカバー、いい声。

何だこのふざけたリミックスは(笑) ←褒めてます

5人でアカペラ。

バイオリン&ピアノによるカバー。

日本語カバー?

メタル/ロックカバー。

自分でカバーしてみた件

「皆クラリティをカバーして音楽を楽しんでるなぁいいなあ!」なんて思ってたところに「初音ミクV3(ENGLISHバンドル)」が家に届いたわけですよ。
これは私もカバーするしかないでしょ!?

…とまあ勢いだけで作り始めたは良いのですが、どんなカバーにするかが一番の悩みどころです。
完コピをするのはどう考えても無謀だしそもそも原曲聴いた方が早いので、基本的な部分はコピーして少しアレンジを加えてみる事にしました。

といっても手元にある専用音源はギターばかり(笑)なので、若干のロックテイストを入れ込んでみようかとトライしたわけなんですが、まあ結果は聴いてもらった通りです(^_^;)

以下、各パートごとの戯言。

●ボーカル

英語のミクさんは予想していたよりも良い感じに歌ってくれました。
本当に英語の歌い方かどうかは判りませんが、少なくとも日本人が「英語っぽいね!」と感じるには十分かと思います(^_^;)
ただ、ベタ打ちすると音程も英単語の発音タイミングも微妙なので、ピッチとタイミングの補正は必須かなと思います。
(たまにノイズが乗るのは相変わらず。。。)

●シンセ

円安になる前に買っておこうとちょっと前に「Sylenth1」(Synth1と名前が似ていますが違います)というシンセを購入したのですが、
これがなかなか似たような音がうまい具合に出てくれて助かりました。

曲中に出てくる「シューン」や「ドカーン」「ブーン」「ポヨヨヨヨヨーン」というような効果音ぽいものはすべてSylenth1で鳴らしています。
KOMPLETEなどにもMassiveを始め様々なシンセが有りますが、Sylenth1は機構がシンプルなのか、私でも非常にとっつきやすかったです(フィルター類が素敵です)。

●ギター

V-METALとELECTRI6ITYをいつもどおりGuitar Rig Proのアンプシミュに通してジャカジャカ鳴らしています。
が、あんまりメタルっぽい感じに持っていくことが出来なかったです(´・ω:;.:…
本当はもうちょっと前面に出す予定だったのですが、かなりの脇役になってしまいました。

●コーラス

この曲、大勢の野郎どもが「エーーーー」っとコーラス(?)を歌っている所が多々あるのですが、ミクさんしか持ってないし、どうしようって話です。
偶然DTMマガジン2013年11月号で初音ミクV3特集があって、そこに男っぽい声の出し方が書かれていたので、それでなんとか誤魔化しています。
デチューンしたものを重ねたりはしていますが、「大勢で歌っている感」がどうしても出なくて、薄っぺらい感じになってしまったのはしょうがないですね。

終わりに

この曲を生み出してくれたZeddに感謝します。
ご静聴ありがとうございました。




記事検索

アーカイブ