音数やエフェクトは無制限に使っているのでチップチューンと言った方が良いんだろうか?

YouTubeにもニコニコにもすでに先人たちが気合の入った8bitアレンジをアップしていますが、音程が結構ずれていたのが気になってついカッとなってやってしまった。

使っているシンセはファミシンセⅡとMagical 8bit Plugのみです。
ケヴィンのヴォイスパーカッションパートはほとんどノイズの音色にエフェクトやらいろいろやったものです。

ファミコン風に打ち込むなら音色とかあんまり気にしなくていいから楽かな?なんて思ってたら酷い目に遭いました。
声と違って音が細い(?)ので気持ちよくハーモニーに聴こえない箇所とかが出てきて、曲ごとに音色の微調整を結構やりました。

いやでもホント良い曲です。

久々にカバー曲を作ってみました。

謎のプレイヤーも作って動画にしてみたのですが、静止画よりはマシかな?

iPhoneやiPadでSC-88ProのMIDIデータが再生できるってんで、早速買ってみました。

昔の曲をいくつか聞いてみましたが、かなり再現率が高く、おまけにモタりが少ないのでかなりいい感じです。

参考までにニコニコにもアップしてみました。

SC-88ProのMIDIデータは全盛期の頃のデータがかなり多く有るので、それらを持ち歩きつつ聴けるというのは嬉しいですね。

半年ぶりに耳コピしてみたでやんす。

耳コピする時には、しやすい曲を選ぼう/(^o^)\

第 六 話 。

巨大松に興奮するプログラマー。

1 2 3 4 5 6 74

記事検索

アーカイブ