PS4のスパイダーマン(初代の方)をトロコンしたので、感想などを書いてみたいと思います。

【PS4】Marvel's Spider-Man Game of the Year Edition
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2019-08-29T00:00:01Z
5つ星のうち4.5
¥3,073

筆者はスパイダーマン原作は全く知らず、20年ぐらい前に友人に誘われて観た映画「スパイダーマン」(2002年)ぐらいしか接点がありません。
しかし「PS4 オススメ ゲーム」などで検索するとだいたいこのゲームがオススメされていた・・・というより「PS4持ってるのにこれやらないなんて人生損してる」ぐらいまで大げさに書かれていたので、試しにやってみることにしました。

遊び始めて感じたのは、グラフィックがめちゃくちゃ綺麗だな、ということです。
ニューヨークだかどこの街だかわかりませんが、高層ビルが無数に立ち並んでいて、遠くから見ても、ビルの近くに行っても画質がすごく良いです。

はいはいどうせグラが綺麗なゲームはUnrealEngine(※フォートナイトなどで有名なEpic Gamesが開発しているゲームエンジン)なんでしょ・・・なんて思ってたら

https://doope.jp/2016/0755723.html
エンジンは新生“Ratchet & Clank”にも用いられた内製のInsomniac Engineを採用。

内製だっただと・・・!?

先日ブログに書いたゴーストオブツシマも内製エンジンだし、内製エンジン作れるだけの技術力があるところは思いきり最適化できるって強みがきっとあるんでしょうね。
(自分ゲーム業界じゃないのでさっぱりその辺分かってないですけど)

さて、本作は何故か蜘蛛の糸を使える主人公がヒーローとなって街の様々なトラブルに顔をつっこんでいくオープンワールドアクションアドベンチャーゲームです。
この蜘蛛の能力と体術を活かして敵を倒していくのですが、これがまた気持ちいい・・・。

筆者はアクションゲームが苦手で格ゲーなども一切やらないタイプですが、それでもなんとかギリギリ操作を覚えることができるぐらい絶妙な操作方法に落とし込んでくれています。
(もちろん最初は戸惑いましたけど。あと、この文章読まれた方で自分には操作難しかった方とかいたらごめんなさい)

やることは殴るか避けるか蜘蛛の能力を使うかの3択ぐらいしかなく、だいたいボタンを押すだけで発動できるので、難しいコマンドを覚える必要もありません。
あと、使える操作はメニュー画面内で確認できるので忘れてもいつでも確認できるのは大変ありがたいです。
(この操作確認画面はもう全ゲームの標準機能にしてほしい。)
しかもその比較的簡単な操作でもスパイダーマンは格好良く動いてくれるが素晴らしいです。
おそらく普段あまりゲームをやらない人向けに調整されていると思うので、自分みたいな「アラフォーのおっさんがちょっとゲームやってみようかと思ってPS4買ったはいいけど何遊んでいいかわからない」人には向いているんじゃないかと思います。
アクションやり込んでる人や死にゲーが好きな人には向かないかもしれません。

ミッションによっては条件を達成することでボーナスポイントを貰えることがあり、たとえば「建物から5人の敵を振り落とす」なんて条件は、そもそも「ビルの上から敵を落とす」という発想が無かったのですが、これを実践することによって「落とせば倒したことになる」ことを知れるってポイントも大きいです。

こういうところ(普通にパンチとかで倒すと大変だけど落とせばそれで倒したことになるとか)に気がつけるかどうかでこのゲームの難易度はかなり変わってくると思うので、このゲームのアクションが難しいと感じている方は是非いろんなミッションの課題に挑戦してみてください。たぶんそういう知識を入れていって無双できたときに「このゲームたのしーっ\(^o^)/」てなります。

一応あんまりだった点も書いておくと

  • 終始やることが一緒なのでちょっと作業感・中だるみが出てくる(マップが広いことも相まって)
  • ターザンでの移動は最初は「おおっ」と思うが、すぐに慣れるし移動自体が面倒くさく感じる(高いビルが邪魔と感じることもw) ※途中からファストトラベルが解禁されるので開発側もそれは理解していそう
  • ボスの倒す手順が決まっている(やらされている感満載)
  • 戦闘が長いところで疲れる(ウェーブ4とかまでやるのは流石に指が疲れる)
  • 敵の銃の精度が良すぎて「あんな動いてるスパイダーマンに遠距離から当てるとかエイム力ゴリラかよ」と叫んでしまう
  • 獲得できる装備のようなものが沢山あるが、一度に設定できる個数が少なすぎて、そんなに種類だけ増やされても・・・と思ってしまう
  • ラジオのおっさんが不愉快

進撃の巨人の所でも似たようなことを書いた気がしますが・・・たぶん最初にアクション部分の作り込みをやってこれがめちゃくちゃうまく作れて、あとはそれに合わせてストーリーやサブクエストなどの要素を足してボリューム感を増す作業を行ったんだと思いますが、その辺の足されたであろう部分が「これ水増しで作った部分なんだろうな」と感じるぐらいの内容ではありました。

でもなぜかおまけのパズルゲーム2種はめちゃくちゃやる気満々でプレイしていましたw

いろいろ良いところ・あんまりな所書きましたが、今はGOTYエディションで安いものもあるようですし、コスパは良いと思いますので是非選択肢の一つにしてみてください。

筆者は続編の「スパイダーマン マイルズ・モラレス」もPS5が手に入ったら遊んでみたいです(がPS5がそもそも手に入らない)。




記事検索

アーカイブ