仕事でも趣味でもだんだん使うようになってきたVisual Studio 2005なんですが、便利になった部分、すごく使いづらくなった部分、いろいろ変わったなーという感じです。

MFCに関してはバグもいくつか確認していますが(印刷のページ範囲がバグるとか、MFCをスタティックリンクするとシステムの文章がデフォルトで英語になってるとかw)そんなことよりも未だに慣れないのがイベントハンドラの追加周り。

例えばメニューコマンドのイベントハンドラを作成する場合、VC6だったらクラスウィザードを表示させて各コマンドのUPDATE_COMMAND_UIとCOMMANDハンドラを一気に追加する事が出来たんですが、 VS2005だとクラスビューを右クリックしてプロパティ選んで、プロパティペインから対象のコマンドを探してUPDATE_COMMAND_UIを追加したら、ソースが切り替わってプロパティペインの内容が変わっちゃうもんだから、次COMMANDハンドラを追加したいときはまたクラスビューからクラスを探して右クリックして・・・・まだ一つのコマンドなら良いんですがそれが「切り取り」「コピー」「貼り付け」「削除」・・・と複数追加したい時に、毎回この作業しなくちゃならなくて、やってるウチにムキィーーーっとなるわけです。

各言語間で操作を統一する事は否定しませんが、今までより効率が下がるのは勘弁してほしいなと思います。

インテリセンスにしても、たしかにVC6より性能が上がったとは思うのですが、さっき追加したばかりのメンバ関数が候補になかなか出てこない、というのが気になる所です。VC6の時はすぐに反映されたのですが・・・。インテリセンス情報が更新されるまでネットサーフィンしてやろうかと思うこともしばしば(笑)

たぶん、どこかいじればこの辺の問題も解決できると思いこんでるのですが、何かそのあたりの情報をご存知の方はこっそり教えていただけると嬉しいです!




記事検索

アーカイブ