iPhoneの開発言語であるObjective-CはCの上位互換言語なのでC言語で出来ることは一通り出来ます。クラス(NSObjectの派生クラス)にするとメモリ周りのオーバーヘッドが気になる!もしくはクラスを使うまでも無い!という場合は構造体を使うと良いかと思います。

struct Hogehoge {
	int aaaa;
	int bbbb;
};

ただ、C++と違ってCなので構造体を使うときにもいちいち型を「struct Hogehoge」と指定してやらなきゃいけません。

そんなときにはtypedefを使うと楽になります。

typedef struct {
	int aaaa;
	int bbbb;
} Hogehoge;

これで「Hogehoge」だけで構造体の型を利用できるようになります。

この方法はCの頃は結構当たり前のように使っていたのですが、C++にしばらく入り浸っているうちに忘れてしまっていました。
(というか、structつけずに型を使おうとしてコンパイルエラーが出たときは、なんだか懐かしく感じました(^^;;)
またObjective-Cで思い出したので情報として残しておきます。




記事検索

アーカイブ