皆様こんばんは。
今日は給食を頼むのをすっかり忘れてしまったので、近所のマックに行ってきました。
今日からマックグランの販売がスタートしたそうで、せっかくなので食べてきました~(食べたのはダブルマックグランです)。

食べ終えてまったりしていた所に店員さんがやってきて感想を聞かれたのですが、
「食べてたらお肉が後ろにぼたぼた落ちて、拾うのが大変でした。」
と答えておきました(味のことじゃないし)。

いやぁ、完全にパーツ(パン上下・肉2枚・レタス)が分解されて袋の上に落ちた時の切なさといったらなかったですよ。

そんなかんじで第3夜どうぞっ!

第3夜 「苦悩、そして決意」

ぶるじょあO草から冬コミに誘われた時、俺はすぐにOKを出すことが出来なかった。

もちろん自分の力を試してみたいという気持ちはいつも持っているが、まずは卒業研究をやらなければならない。それに、コミケまでの3ヶ月間で実際に作品を作ることができるかどうかの不安もあった。
それなりに悩んだ。

しかし、1日悩んだ結果、

  • 前回出品した作品の在庫がほとんど残っていなかった事
  • 前回作成したときよりもパワーアップしている機材を思う存分使ってみたい事
  • 最後の大学生活である事
  • もし参加するのならば悩んでいる暇など無いという事

このような理由から、コミケ出品を決意したのである。

コミケにサークル参加するためには、あらかじめ参加の応募をしなければならない。
毎回応募数が多いらしく、抽選となる。
うまく受かると、コミケ会場で1スペースが与えられるという仕組みだ。
O草はだいぶ前に応募を済ませたらしい(というか、とっくに締め切られている)。
(ちなみに1スペース確保するだけでも8千円程度掛かるらしい)

さて、コミケ65に参加するのは何も俺とO草だけではない。
仲間の中にもう一人いたのだ。

彼の名は「おかちゅー」。
彼もサークル参加の応募をしていたため、O草、おかちゅーどちらか一方でもスペースを確保出来ればコミケに参戦出来るのだ。

とは言えスペースの確保が決定するのはまだ1ヶ月先のため、
決定してから作品を作っていては間に合わない。
先に作り始めなければならない。

何を作ろうか考える。
その時、俺はとある事を思い出した。

サークル参加したい場合はスペースを確保するための応募をするのだが、
その時、ジャンルなどを指定して応募するらしいのだ。

つまり、自分たちが陣取る場所は、その周りも同じようなジャンルのサークルが集まっていることになる。
そうなれば、当然、お客さんもそのジャンルを目当てにした人が集まるわけだから、
そのジャンルに有った作品を展示すれば多くの人に見てもらえることになる。

需要と供給、こんなこと商売では基本中の基本、
イルハンのイの字であろう。

そんなわけで早速ジャンルをO草に聞いてみたところ、
リーフ系のサークルが集まる場所に応募したとのこと。

*「リーフ」とは?
痕、雫、ToHeart、WHITE ALBUM、こみパ、うたわれるもの、など多くの作品を生み出してきた大手ゲームメーカー。
オフィシャルサイトはこちら

彼はリーフから発売されたばかりの「天使のいない12月」を題材とした同人誌を書くと言っていたため、俺もこの場所を生かして「天使のいない12月」の音楽(主題歌やBGM)アレンジCDを出そうと考えたのである。

まずは「天使のいない12月」のゲーム自体をやなねばならぬので、これと、ついでにスタジオなんかで良く使われているヘッドフォンを購入。

こうして親に隠れてエロゲをする日々が恥じ始まるのであった・・・。

*「エロゲ」とは?
「エロい毛」ではなく「エロいゲーム」の略。
「ギャルゲー」とは異なる。

次回「エロゲの先にあるもの」




記事検索

アーカイブ