Ver.1.41で不正終了するバグが発見されましたので、修正版を出しておきたいと思います。

環境設定でコントロールチェンジマクロツリーのデザインに、「マクロ色を使う」になっていると
[コントロールチェンジイベントのプロパティ]画面やイベントグラフのツリーを表示させたときに不正終了する不具合を修正いたしました。
Edge1

Ver.1.41をお使いで、この設定を使われている方は差し替えをお願いいたします。

ダウンロードはこちらからどうぞ。
http://takabosoft.com/domino

それから、メールにてmanさんより「CASIO CTK-4000」の音源定義ファイルをご投稿いただきましたので、アップしておきました。
http://takabosoft.com/domino/module

Domino Ver.1.41をリリースいたしました。

ダウンロードはこちらからどうぞ。
http://takabosoft.com/domino

今回は大きな変更がありますので、ご説明いたします。

拍子・調号・スケール・コード・マークのデータ構造を変更

今まで、拍子・調号・スケール・コード・マークの5種類のデータは、特別扱いになっており、イベントリストには存在しませんでした。
これを今回のバージョンからは、イベントリスト上のイベントとし、コンダクタートラックへ配置するようにしました。
(旧方式のdmsデータを読み込むと自動的に変換されます。)

イベントにすることで、今まで不可能だったコピペや、小節挿入時に自動的にずれてくれたりといったメリットがあります。
(デメリットも若干ありますが(^^;)

マークの追加は、まず追加したい位置へ演奏線を移動させ、[Ctrl+M]キーかツールバーの追加ボタンを押します。
Edge1

ラベルを入力します。
Edge2

すると、コンダクタートラックへマークイベントが追加され、マークバーにもマークが表示されます。
Edge3

マークの削除やラベルの変更はコンダクタートラックで直接イベントを弄っても良いですが、それも面倒くさいと思いまして、マークバーのマークを右クリックすれば変更や削除が出来るようにしておきました。
Edge4

マークは小節単位ではなく、自由な位置に追加することが出来ますが、ピアノロールのヘッダー等に表示されるのは小節頭のマークのみです。

拍子・調号・スケール・コードの追加は[編集]メニューではなく[挿入]メニューから行います。
Edge5

こちらの4種はカレントトラックをコンダクタートラックにしなくても、コンダクタートラックの演奏位置(小節頭)にイベントが追加されます。
(2回追加した場合は元のイベントは自動的に削除されます。)
削除はコンダクタートラックのイベントリストから直接行ってください。
この4種はイベントとしては自由なTickに移動させることはできますが、あくまで扱い的には小節単位です。

変更点一覧

  • 拍子・調号・スケール・コード・マークをコンダクタートラックのイベントとして扱えるようにしました。
    • 拍子・調号・スケール・コードはあくまで小節単位です。[挿入]メニューから挿入できます。
      各種挿入機能を実行すると、コンダクタートラックかつ現在の演奏位置の小節頭へイベントを追加します。
      すでに同じ小節内に同種のイベントが有る場合はそれらを削除してから追加します。
    • マークはTick単位ですが、小節頭に設定すると、ピアノロール等に表示されます。
    • マークのTick補正と、Tick補正マスターは廃止しました。
    • 旧[マーク編集]機能を削除しました。 これだと不便なので、マークバーの各ボタンを右クリックして[マークの編集]と[マークの削除]が出来るようにしておきました。
    • SMF書き出し時において、拍子・調号・スケール・コードイベントはイベントのTick通りではなく、小節頭に書き出されます。
    • SMF読み込み時はSMF内に書かれたTickの位置に読み込まれます。
    • 音源定義ファイルのデフォルトトラック情報にマーク、拍子、調号を設定出来るようにしました(詳しくは取扱説明書をご覧ください)
  • Windowsの視覚テーマがなるべく反映されるようにしました(XP以降)。
    Vista/7ではメニューもOS標準のデザインになります。
  • SMF format0書き出し時にコメントイベントも書き出すようにしました。
  • 曲名と著作権の初期値を設定できるようにしました。
    [曲のプロパティ]画面から設定できます。
  • [リアルタイム録音]画面と[ステップ録音]画面のPCキーボードのVelocityとオクターブを記憶するようにしました。
  • Ver.1.40でトラックセレクトペインにPC名を出すようになりましたが、更新タイミングを、(旧)セレクトペインにマウスカーソルが乗った時→(新)PCイベントを編集したとき に変更しました。
    また、トラックリストにおいても、同様にPC名を表示するようにしました。
  • SMF format0読み込み時に歌詞イベントの読み込み先が不定だった不具合を修正しました。

Domino更新しました。
今回も細々とした要望対応です。

ダウンロードはこちらからどうぞ。
http://takabosoft.com/domino

よくわからない機能とかがありましたら、wikiかtwitterで聞いてください。

変更点一覧

  • イベントリストのEvent/Gate/Value列に対してCtrl+右ボタン上下ドラッグで値を調節出来るようにしました。
  • [歌詞の流し込み]機能を実装しました。
    テキストデータとして用意された歌詞を、ノートの前後または等間隔で流し込みます。
    [挿入]メニューから実行できます。
  • [ハモリパートの生成]機能を実装しました。
    [イベント]メニューの[ハモリパートの生成]から実行できます。
    スケール情報を利用しますので、この機能を使うまえにスケールを設定しておいてください。
  • [Vel/Valueの調整]コマンドを用意しました。
    [イベント]メニューの[Vel/Valueの調整]以下にショートカットキーを割り当ててお使いください。
    デフォルトでは、例えばノートを選択して、Ctrl+’+’を押すと、選択されたノートのベロシティが+1されます。
  • イベントリストの値を編集中にENTERキーを押したら、確定後カーソルを下へ動かすかそのままにするかを選べるようにしました。
    [環境設定]画面の[イベントリスト(2)]から設定できます。
  • 前/後のマーカへ移動する機能を実装しました。
    「マーク」メニュー内に用意しましたので、ショートカットキーを割り当ててお使いください。
  • パーツ読み込み時に視聴が出来るようにしました。
  • [パターンスライス]画面において、パターンの登録/呼び出しが行えるようにしました。
  • [選択範囲の絞り込み]画面の[和音の一番高い/低い音のみ]機能において、Tickの誤差を指定出来るようにしました。
    例えばストローク機能で15tickずつずらした場合は、誤差15にすれば同じタイミングと見なされます。
  • [トラックのプロパティ]画面のTick補正にマイナスを指定しているトラックが存在する場合、演奏開始時にTick補正分前から再生するようにしました。
  • トラックセレクトペインのトラック名部分に、自動で楽器名を表示するようにしました。
    更新タイミングはトラックセレクトペインにマウスカーソルが入った瞬間です。
  • SMF書き出し時にformat0を選択できるようにしました。
    不具合が出る可能性がありますので、しばらくは怪しんで使ってください。
    ちなみにコメントイベントが出力されないのは仕様です(チャンネル情報が無いため、1chにまとまってしまって使い物にならないため)
  • [範囲の選択]画面の[選択の種類]を記憶するようにしました。
    連続して同じ種類の範囲を選択する際に効率が良くなると思います。
  • 数値入力によって演奏位置を指定出来るようにしました。
    [演奏]メニューの[演奏位置の指定]から実行できます。
    ツールバー上の演奏位置を示すエリアを左クリックしても同様の機能が動きます。
  • 音源定義ファイルで使用できる変動値に、Roland SonicCell等のTemporary Patch Tone制御値である#RSCTPT3 #RSCTPT2 #RSCTPT1 #RSCTPT1Pを追加しました(ついでに#RSCTRT1Pも追加しました)。
  • Meas:Beat:Tick環境において、[タイムストレッチ]画面でコロン二つめを入力するとエラーが表示される不具合を修正しました。
  • パーツ書き出し時のメモリリーク不具合を修正しました。
  • プリセット保存時に、すでに先頭一致する名前のプリセットが存在すると保存できない不具合を修正しました。

Ver.1.39でのみ、[曲線のカスタマイズ]画面で式を入力すると不正終了する不具合が見つかりまして、修正版をアップしておきます。

ダウンロードはこちらからどうぞ↓
http://takabosoft.com/domino

Domino Ver.1.39をリリースいたしました。
今回も主に細々とした要望対応です。
また何か副作用や間違い等ありましたら、wikiへご連絡ください。

ダウンロードはこちらからどうぞ↓
http://takabosoft.com/domino

いくつか新機能とその使い方をご紹介したいと思います。

スケールとコードの扱いを拡張

ピアノロールへスケール・コードを表示する際、スケールは今まではメジャー・マイナーの2種類しか扱っていませんでしたが、他の種類も選べるようにしました。
scale00

また、自由に編集できるようにもしておきました。
scale01

さて、小節毎にスケールやコード情報をコメントのような形で曲に保存しておきたい、という要望が以前ありまして、今回のバージョンではそういった事も出来るようにしておきました。

[編集]メニューの[スケール]または[コード]を選びます。
scale02

一覧画面が表示されますので、[追加]ボタンを押して小節とスケールまたはコードを設定し、[OK]ボタンをクリックします。
この設定は複数設定することができます。
scale03

こうすることで、ピアノロールのヘッダーにスケールまたはコードが表記されます。
scale04
ちなみに、調号は( ) スケールは < > コードは [ ] に囲まれて表示されます。

曲としてスケール・コードを登録した場合は、この情報を元にピアノロールへスケール・コードを表示させることもできます。

[ピアノロールにスケール/コードを表示]画面において、[演奏データのスケール(またはコード)を参照する]を選んでください。
scale05

ピアノロールに反映されます。
scale06

小節毎にスケール・コードの表示を変えたい場合は、上記の方法で行ってください。

※ 今回のバージョンでも調号とコードは連携しません。

複数チャンネルを一度にリアルタイム録音

MIDI-INデバイスは4つまで設定できますが、リアルタイム録音はすべて同じトラックに対して記録されていました。
これを、デバイス・チャンネル毎に別々のトラックへ記録できるようにしました。

例えば「ギタ次郎」(今も売ってるのかな?)のような、MIDIギターから入力を行う際は弦毎に別々のチャンネルとして入力がありますが、これをそのまま各トラックに割り振って録音出来るようになりました。

複数チャンネル録音を行うには、[リアルタイム録音]画面の録音モードを[複数チャンネル]にし、[設定]ボタンをクリックします。
rec00

振り分け設定画面が表示されますので、[追加]ボタンを押し、どの入力を、どのトラックへ記録するかを設定してください。
この振り分け設定は複数設定できます。
rec01

あとは、録音を開始すれば、設定したとおりに録音されます。

※ 複数チャンネル録音中は音が鳴りませんが、これは仕様です。

S字曲線の入力

イベントグラフにおいて、S字曲線を入力する事が出来るようになりました。
curve

この曲線を使うと、始点と終点をゆっくりと繋げることができます。

イベントグラフの内容を、直接タイプして変更

イベントグラフへ表示する内容を切り替える方法は

  • コンボボックスをクリックしてツリーから選ぶ
  • コンボボックスの右に並んでいるボタンから選ぶ
  • イベントリストのイベントを選んだ状態で[イベントグラフペイン1で表示]コマンドを実行する

・・・といったものがありますが、新たに直接キーボードからCC#や名前を入力して表示を切り替えられるようにしました。

コンボボックスを右クリックすると、入力モードになります。
eg00

CC番号または名前を入力します(一部でもOKです)
eg01
(この検索ルールはイベントリスト上のCCイベントのEvent列でキーボード入力を行った際と同じです。)

エンターキーを押すと確定します。
eg02

タイムストレッチ機能

タイムストレッチ機能は、選択範囲に含まれるイベントの時間(間隔・Gate)を変更する機能です。

タイムストレッチを行うには、行いたい範囲を選択した状態で、[イベント]メニューの[タイムストレッチ]を実行します。
stretch00

新しい長さをMeas:Tick(Meas:Beat:Tick)または倍率で指定して[OK]ボタンをクリックします。
stretch01

タイムストレッチが行われました。
stretch02

MIDI-OUTの設定をdmsファイルへ保存

基本的にDominoはMIDI-OUTの設定を固定して使うように作られていますが、曲毎に設定を変える必要がある場合、毎回MIDI-OUTの設定を行うのは面倒です。

そこで、MIDI-OUTの設定情報をdmsファイルへ一緒に保存しておけるようにしました。

MIDI-OUTの設定情報を保存するには、[曲のプロパティ]画面を表示させ、[現在のMIDI-OUT設定をファイルへ保存する]をクリックし、[OK]ボタンをクリックします。
midiout00

こうして保存されたdmsファイルを開こうとすると、設定を復元する必要がある場合に限り、次のようなメッセージが表示されます。
midiout01

[はい]をクリックするとMIDI-OUT設定が復元されます。

テンポの変更手段を追加

ツールバー上のテンポ表示欄へマウスカーソルを合わせてホイールを上下に動かすことで、テンポを桁毎に変更できるようにしました。
tempo00

ここで変更されるテンポイベントは、現在の演奏位置が影響を受けているテンポイベントです。
例えば、10小節目と20小節目にテンポイベントがあり、演奏位置が15小節の時にホイール操作でテンポを変更すると、10小節目にあるテンポイベントが変更されます。

また、ツールバー上のテンポ表示欄を左ダブルクリックすることで、該当するテンポイベントを表示させることも出来ます。

ループマーカーと選択範囲の優先度を切り替え

今までは、ループマーカーと選択範囲が両方存在する状態でループ再生を行うと、選択範囲が優先されてきました。
loop00

ただ、状況によってはループマーカーを優先させたい事もあります。
そういった場合は、[演奏]メニューの[ループ]→[選択範囲優先]をオフにすれば、ループマーカーが優先されるようになります。

loop01

変更点一覧

  • スケールとコードを演奏データとして入力できるようにしました。
    [編集]メニューの[スケール]または[コード]から指定できます。
  • [ピアノロールにスケール/コードを表示]機能を改良しました。
    スケールの種類を増やしました。
    カスタムモードを追加し、自由に色を塗ることが出来るようになりました。
    演奏データとして入力されたスケールまたはコードをピアノロールへ表示するモードを追加しました。 これにより、小節ごとに異なるスケールまたはコードを表示出来るようになりました。
    (調号とコードの連携は行っていません。)

  • [リアルタイム録音]画面で複数チャンネルを一度に録音できるようにしました。
    デバイス・チャンネルごとに記録するトラックを指定することができます。
    [リアルタイム録音]画面の[録音モード]を[複数チャンネル]にし、[設定]ボタンを押すと振り分け設定が行えます。
    複数チャンネル録音中は、入力に対して音が出ませんが、仕様です。
  • イベントグラフの曲線に[S字曲線]を追加しました。 この曲線を使うと、始点と終点を滑らかに繋げることができます。
  • イベントグラフの切り替えコンボボックス部分で右クリックをしたら、直接文字を入力してコントロールチェンジマクロを検索出来るようにしました。
    ルールはイベントリストと同じで、数値を入力するとCCMIDとして解釈され、文字列を入力するとCCM名として解釈されます。
  • [タイムストレッチ]機能を実装しました。
    [イベント]メニューの[タイムストレッチ]から実行できます。
  • ツールバー上のテンポ表示欄をマウスホイールで値補正(桁ごと)、ダブルクリックで該当イベントへフォーカス移動させるようにしました。
  • MIDI-OUTの設定をdmsファイルへ保存出来るようにしました。
    MIDI-OUTの設定を曲ごとに変える方はこちらの機能を使っていただくと便利かと思います。
    [曲のプロパティ]画面で、現在のMIDI-OUT設定を保存することができます。
    設定が保存されたファイルを開く際、環境設定のMIDI-OUT設定と、ファイル内のMIDI-OUT設定が異なる場合は、「復元しますか?」と問い合わせた上で設定を復元します。
  • [拍子]の設定時に分母32を選べるようにしました。
  • リアルタイム録音画面で、テンポ(%)を記憶するようにしました。
  • イベントリストの配色に「背景灰色モード」を追加しました。
    [環境設定]画面の[イベントリスト (1)]から設定できます。
  • ピアノロールにフォーカスがある状態でノートと同じタイミングにプログラムチェンジを挿入した場合は、をノートより前に挿入されるようにしました(CCと同じ挙動にしました)。
  • 数式で関数log, exp, sqrtを使えるようにしました。
  • 曲線式で変数ymin, ymaxが使えるようになりました。これらを使うとCCのValue値が取りうる範囲(最小値・最大値)を参照する事ができます。
  • SMFを読み込んだときに、分解能に合わせてトラックのデフォルトGateを変えるようにしました。
  • ループ再生を行う際、ループマーカーと選択範囲とどちらを優先するかを切り替えられるようにしました。
    [演奏]メニュー→[ループ]→[選択範囲優先]のオン/オフで選択範囲優先/ループマーカ優先を切り替えられます。
  • [プログラムチェンジイベントのプロパティ]画面において、画面に表示されているキーボード上をマウスで左にドラッグしていくと、Note#=0未満になっても音が出るバグを修正しました。
  • 演奏中にトラックリスト画面のウィンドウサイズを小さくしていくと落ちる不具合を修正しました。
  • 曲線式において「xf^5」というような変数をべき乗する式が動いていなかったバグを修正しました。
    また、既存の曲線プリセット式を、すべて書き替えました(べき乗を使ったりして)。

  • [選択範囲へ曲線・直線を入力]画面で式が保存されていなかったので、OK時には保存するようにしました。
  • SMF書き出しの際、ノートが重複していた時のメッセージをもう少し解りやすくしました。
  • イベントリストでValueなどを入力中、他にフォーカスが移ったら入力ボックスを閉じるようにしました。
  • トラックリストの青い線の上に演奏線が来ると反転して黄色になりますが、見にくいため赤くなるようにしました。
  • [ベロシティコンプレッサ]の入力/出力ゲインの演算方法を[加算]か[掛け算]かを選べるようにしました。

記事検索

アーカイブ