適当にウィザードでプロジェクトを作成したのち、「カスタマイズ」機能でツールバーやメニューコマンドをドラッグ&ドロップしようと思ったら、動かない!なんて事がありましたので原因を探ってみたところ、プロジェクト作成ウィザードでActiveXのチェックを外してしまっていたのが原因のようです。

中は見ていませんが、おそらくカスタマイズ時のドラッグ&ドロップ処理はOLEのドラッグ&ドロップなんでしょうね。
なので、
CXXXXApp::InitInstanceの適当な所で「AfxOleInit()」を呼べばカスタマイズ機能が正常に動くようになります。

GradientFill APIのラッパー関数を作ってみました。
と言っても縦のグラデしか対応させていませんが。

void FillGrad(CDC* pDC, CRect rc, COLORREF colBegin, COLORREF colEnd)
{
	TRIVERTEX av[2] = {
		rc.left, rc.top, GetRValue(colBegin) << 8, GetGValue(colBegin) << 8, GetBValue(colBegin) << 8, 0xff00,
		rc.right, rc.bottom, GetRValue(colEnd) << 8, GetGValue(colEnd) << 8, GetBValue(colEnd) << 8, 0xff00,
	};
	GRADIENT_RECT gr = {0, 1};
	GradientFill(pDC->GetSafeHdc(), av, 2, &gr, 1, GRADIENT_FILL_RECT_V);
}

GradientFill APIは古いOSでは動きませんのでご注意ください。

仕事で開発を行っていると、他の人がエクセルファイルでデータ資料を作り、プログラマがその情報をアプリに組み込む、なんて事がよくあります。
一度CSVに書き出してからプログラムでそれを読み、使いやすいデータ(XMLやCのソース)にコンバートして利用するのが定石かと思いますが、エクセルファイルを直接読めればCSVに書き出す手間が多少軽減されます。
(そもそもVBAでコンバート処理書いちゃうという人は尊敬されれば良いと思います)

Visual C++6.0ではよくそういう事をやっていたのですが、Visual Studio 2008 + MFCだとどうやるんだろう?と思いましてちょっとやってみました。

メニューからクラスの追加を実行します。
xls00

「TypeLibからのMFCクラス」を選びます。
xls01

エクセルのタイプライブラリを選び、使うインターフェースを追加して(今回は面倒なので全部追加)完了ボタンを押します。
xls02

ちょっと生成に時間が掛かりますが、ヘッダーファイルが生成されます。
ただ、何故か#import文が入っていて、コンパイル時にエラー(名前の競合)が出てしまうので一括置換でコメントアウトします。
xls03

VC6ではできなかった芸当ですね(ソリューション内一括置換)
xls04

あとはごりごりコードを書けばエクセルの操作ができます。

既存のファイルを開いて、最初のシートのA1のテキストを取得するにはこんな感じになるかと思います。
(Excel 2007使用)

#include "CApplication.h"
#include "CWorkbooks.h"
#include "CWorksheets.h"
#include "CWorkbook.h"
#include "CWorksheet.h"
#include "CRange.h"

void CHogeHogeDlg::OnBnClickedButton1()
	CApplication App;
	if (!App.CreateDispatch(_T("Excel.Application"))) {
		ASSERT(0);
		return;
	}
	App.put_Visible(TRUE);

	CWorkbooks Workbooks = App.get_Workbooks();

	// 既存のエクセルファイルを開く
	COleVariant varNull;
	varNull.ChangeType(VT_NULL);
	CWorkbook Workbook = Workbooks.Open(_T("c:\\hogehoge.xls"), varNull, varNull, varNull, varNull, varNull, varNull, varNull, varNull, varNull, varNull, varNull, varNull,varNull, varNull);

	CWorksheets Worksheets = Workbook.get_Worksheets();
	CWorksheet Worksheet = Worksheets.get_Item(COleVariant((long)1));

	CRange Cells = Worksheet.get_Cells();
	CRange Cell = Cells.get_Item(COleVariant((long)1), COleVariant((long)1)).pdispVal;
	CString str = Cell.get_Text().bstrVal;
}

CRange::DialogBoxとかいう関数でコンパイルエラーが出ますが関数名変えるなどして回避します。

当然ながら実行する環境にエクセルがインストールされている必要があります。
また、使用したタイプライブラリと実行時のエクセルのバージョンが違うと、うまく動かない事があるかもしれません。うろ覚えですが。上位互換はあるかも?

もしいろんな操作をやりたい場合、エクセルのマクロのヘルプが参考になると思います。若干関数名は違いますが、構造などはほぼ同じです。

CSplitterWndと言えば、CView系のみスプリット表示するというイメージがありますが、ヘルプを見ていたら

静的分割ウィンドウを作成するとき、同時にすべてのペインを作成する必要があります。CreateView メンバ関数は、この目的のために使われます。しかし、さらにほかの非ビュー クラスも作成できます

と書いてあるではありませんか。

が、具体的にどうやって実装すれば良いかは書かれておらず、ソースを読んでいたところ、

  • 親にCSplitterWndのインスタンスを指定してコントロール等を作成
  • IDをCSplitterWnd::IdFromRowCol関数で算出した値にしておく

だけで良いみたいです。

m_wndSplitter.CreateStatic(this, 2, 1, WS_CHILD | WS_VISIBLE);
m_edit1.CreateEx(WS_EX_CLIENTEDGE, _T("Edit"), _T(""), WS_CHILD | WS_VISIBLE | WS_VSCROLL | WS_HSCROLL | ES_WANTRETURN | ES_AUTOVSCROLL | ES_AUTOHSCROLL | ES_MULTILINE, CRect(0, 0, 300, 300), &m_wndSplitter, m_wndSplitter.IdFromRowCol(0, 0));
m_edit2.CreateEx(WS_EX_CLIENTEDGE, _T("Edit"), _T(""), WS_CHILD | WS_VISIBLE | WS_VSCROLL | WS_HSCROLL | ES_WANTRETURN | ES_AUTOVSCROLL | ES_AUTOHSCROLL | ES_MULTILINE, CRect(0, 0, 300, 300), &m_wndSplitter, m_wndSplitter.IdFromRowCol(1, 0));

あとはm_wndSplitter自体をウィンドウ全体に広げて配置したりだとか、m_wndSplitter.SetRowInfoで行の高さを変更したりするだけです。
ダイアログベースのアプリでも気軽に使えそうですね。

Microsoftは設定データなどをレジストリへ保存する事を推奨しているぽいですが、結構嫌がるユーザーさんが多いので私のソフトではiniファイルへ書き出すことが多いわけなのですが、久々にWritePrivateProfileString APIを調べていたら、やれば出来る子という事が判明しました。

APIの名前から機能を「文字列をiniファイルに書き出す」だけだと勝手に思いこんでいたのですが、引数の渡し方によってはキーを削除したり、セクションを削除したりできるようです。
(こういうのは削除専用のAPIを別途作った方が使い手は判りやすいと思うんですが。)

また、ユニコード版(WritePrivateProfileStringW)は、ユニコードのまま文字列を書き出せるという事も判明。
ただし、iniファイルがユニコードファイルである必要があります。
なので、iniファイルが存在していなかったら、BOM(バイトオーダーマーク)だけのファイルを生成した上でWritePrivateProfileStringWを実行すれば良さそうです(ファイルが無い状態でWritePrivateProfileStringWを呼ぶとShiftJisに変換されてしまうようです)。

こんな感じかな。

CString strIniPath = iniファイルのパス
if (!::PathFileExists(strIniPath)) {
	CFile file;
	if (file.Open(strIniPath, CFile::modeWrite | CFile::modeCreate | CFile::shareExclusive)) {
		BYTE bom[2] = {0xff, 0xfe};
		file.Write(bom, 2);
		file.Close();
	}
}
::WritePrivateProfileString(_T("Test"), _T("Test"), strUnicode, strIniPath);

記事検索

アーカイブ