iPad専用アクションゲーム「スライムは投げる」

最近のエントリー

前教えて貰ったけど、忘れやすいのでメモ。
http://regexpal.com/

C#だと正規表現が使えますので、テキスト解析にとっても便利です。

2011年6月7日発売予定の書籍にて、EDGE touchがちらっと載る予定です。
結構厳選されているようでして、選んでいただけたのは大変光栄であります。
またもし書店で見かけましたら手に取ってみて下さい。

iPhoneアプリ・クリエイターズファイル [2011-2012]
http://books.shoeisha.co.jp/book/b88447.html

全国のAquaMakerファンの皆様お待たせいたしました。
遂に「AquaMaker2」をリリースいたしました。

ダウンロードはこちらのページからどうぞ。
http://takabosoft.com/win#am2

今回はC#で作っていますので、動作には.NET framework4以降が必要です。

AquaMaker2とは

AquaMaker2はMac OS Xなどで使われているアクア風ボタンを簡単に作成するツールです。
こんなボタンがすぐに作れます。
am000am001am002

サイズ、ボタンの色、フォント、テキスト、影等は自由に変えることができます。
am003

作ったボタン画像はPNG形式で書き出し、Web素材に使ったり、アプリケーションに組み込んで使ったりすることができます。
(著作権につきましては、同梱のreadme.txtをご覧ください)

AquaMaker2で新しくなった事

レンダリングアルゴリズムを見直しました。
例えばAquaMaker1では影をパスで描画していたため角が不自然でしたが、2ではドロップシャドウを採用しているためより綺麗に見えると思います。

左がAquaMaker1、右がAquaMaker2 (意図的に影を目立たせています)
am004am005

あとは、新しいデザインをいくつか追加しました。
また、文字や画像を複数配置する事も出来るようになりましたので、かなりデザインの自由度が増えたと思います。
am006 am007 am008 am009 am010
(このデザインはこちらのサイトを参考にしています)

アイコンは画像を利用することもできますし、UNICODEに対応していますから、UNICODEの記号を使うこともできます。
例えばこちらのサイトに載っている記号をコピペして利用すると便利かと思います。

三角やトゲトゲも用意してあります。
am011 am012

要望の多かったテキスト改行も出来るようにしておきました。
am013

アンドゥ・リドゥも使えるようになりました。
いろいろと遊んでみてください。

AquaMaker1をご利用の方へ

AquaMaker1と2とでデータの互換性はありません。
なので、1で作った画像を再編集したい場合は1を使ってください。

http://itunes.apple.com/jp/app/id425975201?mt=8

レビュー : iaooaiv
ファミコン感覚のレトロ感がいいです。
簡単な操作だけどやればやるほど上手くなり、50面までクリアしました。

これは・・・本当にうれしいです(T_T)

身近な人にiPadで遊んで貰ってはいたのですが、皆口を揃えて「難しい」と言っていまして、もしかしたら誰も最後まで遊んでくれないんじゃあ・・・などと不安でいっぱいだったところへの、このクリア報告は本当にうれしいです。

ちなみに、左手の親指はタッチしっぱなしにして、左右にスライドさせるだけでOKです。
左と右ボタンの間に隙間がありますので、そこに指が当たっていればスライムは移動しません。
これだけでも、かなり操作はしやすくなると思いますので、遊んで下さっている方は是非お試しください。

そしてiPad2をご購入された方でアクションゲームを遊んでみたいという方は是非「スライムは投げる」で遊んでみて下さい。

クリア報告を待っています♪

GW期間中サポートをお休みさせて頂きましたが、その間何をしていたかと言えば、実は家族旅行に行っていました。

今はマスオさん状態(カミさんの実家で生活中)なのですが、普段からカミさんのご両親(以下じいじばあば)に子供(二歳なりたて)の面倒を見てもらっていまして(他にも何かとお世話になりっぱなしでしたので)、お礼と感謝の気持ちを込めて、じいじばあばが行きたいと言っていた北海道旅行を企画しました。

企画の中、東日本大震災が起き、旅行もどうしようか迷いましたが、明日は我が身ですし(現在静岡県内に住んでいますが、地震は何十年も前から来る来る言われていますし、浜岡原発もあります。東日本大震災と同じようなことがいつ地元で起こってもおかしくありません)、先延ばししたらしたらで、その時家族全員が健在であるとも限らない・・・行けるときに行っておこう!という事で決行しました(といいつつ家族全員風邪の治りかけで咳が出まくっていたんですが・・・)。

と、ここまで深イイ話に見えるように書いていますが、ほとんど全部カミさんが準備やら旅行会社との相談やらやってくれてます。

私の方は何かと忙しくて(いや、ホントはもうちょっと手伝っても良かったのですが、もともとがひきこもり体質なので旅行なんて行きたくない\(^o^)/おうち大好き\(^o^)/調べるのめんどくさい\(^o^)/という体たらくっぷり)、ちょろっと相談されたときに「目が見えるうちに見に行かなきゃ。足が動くうちに歩かなきゃ。」と、なんだか格好いい感じのセリフを吐いて背中を押してあげて旦那の威厳をぎりぎり保ったのでした。

4月29日(初日)

朝五時起き。
静岡県から北海道へはそれなりに縦の移動になりますので、気温差が結構あると思いますが、どこまで防寒していいか解らないんですよね。
ちょっと上着を持っていった程度だったのですが、まさかあんな事になるなんて。
続きを読む…